【日本初】ついに、免疫訴求の機能性表示食品登場!


【日本初】GABAで肌ハリ訴求に成功~講座卒業生が快挙!三和酒類、新谷大さん


【New】検定講座第9期(2021年1月スタート)募集中、申込締め切りは12月末

逆境は、チャンスです!

 

新型コロナの影響で、時代は、

ヘルスケア と ネットビジネスが「核」になります。

 

この機会に、自分の基本となる知識とスキルを身に着けるチャンスです。

 

そこで、当協会会長 持田騎一郎が講師をしており、

すでに100名以上の受講者実績のある

 

WEB講座「機能性表示食品検定講座」

 

第9期(2021年1月スタート)の募集を開始します。

  

【申し込み】

https://www.kinoken.org/kentei/

 

この機会に、勉強をして、次のステップの準備をしてください!

 


【キノケン】機能性表示食品検定協会とは?

 機能性表示食品検定協会(通称:キノケン)は、

2015年4月にスタートした機能性表示食品制度の普及・啓蒙のため、教材作成、

セミナー実施、届出支援をいたします。

 

お気軽にご相談ください。 

info@kinoken.org

 

当協会には、機能性表示食品制度に精通した有識者、届出経験豊富な専門家が所属しています。

薬事三法(薬機法、健増法、景表法)、機能性原料、関与成分分析、

システマテッィク・レビュー(SR)、臨床試験、食品表示法、OEM製造、届出作業、

そして、広告、マーケティングなど機能性表示食品にかかわる全てのジャンルに対応できます。

 

【主な業務】

・教育:機能性表示食品にかかわるセミナー、講座検定講座などの実施

・届出支援:機能性表示食品全般のコンサル、SR作成、届出書類作成、電子申請代行などの実施

・製品開発アドバイス:機能性表示食品化のアドバイス

 

【所属団体】公益財団法人 日本健康・栄養食品協会

 

【商標登録】機能性表示食品検定

 


【メルマガ】機能性表示食品の最新情報をお届け


【New】キノケンが届出支援した豚肉が、機能性表示食品に!生鮮の機能性表示食品化は、キノケンにお任せください!

キノケンが、コンサル、SR作成、届出まで、フルサポートした生鮮の豚肉が、機能性表示食品になりました。豚肉としては、日本初の機能性表示食品です。

 

届出番号  E433

商品名 枝豚肉氷温熟成氷室豚 14日熟成

会社名 株式会社クリマ

https://db.plusaid.jp/foods/E433

 

機能性表示 疲労感を軽減、記憶の精度を高める

 

「本品には、イミダゾールジペプチドが含まれています。

イミダゾールジペプチド200mg(本品40g)には、一過性の疲労感を軽減する機能があることが報告されています。

また、イミダゾールジペプチド1,000mg(本品200g)には、中高年の方の加齢に伴い低下する認知機能の一部である記憶力(言葉を覚え、思い出す能力)を維持することが報告されています。

一時的な疲れを感じている方や、加齢による記憶力低下を感じている方に適した食品です。」

 

想定する主な対象者: 健常な中高年者

機能性関与成分名: イミダゾールジペプチド

1日あたりの含有量 200mg、1,000mg

摂取目安量: 40g(機能性関与成分200mg/日)、200g(機能性関与成分1,000mg/日)

 


【New】2020年も会長・持田騎一郎が、理研の機能性表示食品講座の講師に選ばれました。(2018年から3年連続)

機能性表示食品検定協会 会長の持田騎一郎が、日本最大の国立の科学研究機関

「国立研究開発法人 理化学研究所」の依頼により、

2020年も「健康生活コンシェルジュ(HLC)」育成講座(eラーニング)」における

「機能性表示食品」解説講師を担当することになりました。

 

これは、2018年、2019年、2,020年と3年連続となります。

 

この講座は、理化学研究所、WHO、大学から選ばれた講師が、

ヘルスケアにかかわる情報を医師、薬剤師、管理栄養士に届けるために企画されたものです。

 

https://rc.riken.jp/wp-content/uploads/2019kenkoseikatu.pdf

 



【New】機能性表示食品アカデミー(会員制度)

「機能性表示食品研究会」がパワーアップ!

2019年11月から「機能性表示食品アカデミー」をスタートします。

機能性表示食品の最新情報を学べる会員制度です。

 

特典1:機能性表示食品研究会への参加(ZOOM、月1回開催)

特典2:機能性表示食品ビジネスレポート(PDF、月1回配布)

特典3:ZOOMコンサル、月1回30分(ZOOM、月1回)

 

詳しくは、こちら

 


新ガイドラインを詳しく学びたい方は、下記動画セミナーをお求めください(有料)

【動画セミナー】2019年4月、機能性表示食品 新ガイドライン解説(軽症者データ+エキス)

2019年3月に改正された機能性表示食品の新ガイドラインに関し、

「関与成分不明なエキス」の届出方法を加え、解説したWEB動画です。

 なお、検定講座には、この動画が含まれますので、検定授受後者は重複しないようご注意ください。

 

内容:(1)軽症者データの取り扱い(裏技あり)、(2)エキス等の取り扱い

商品形態:WEB動画(47分)

講師:持田騎一郎(機能性表示食品検定協会 会長)

収録日:2019年4月21日

 

¥10,000


新ガイドライン対応!機能性表示食品の届出、変更届出支援

~面倒な受理済み製品の変更届出の代行もいたします。25万円~

2018年3月28日に改正された、機能性表示食品の届出ガイドライン(Ver4)では、

書類審査のスピードアップのため、民間事業者団体等による事前の確認が、推奨されています。

 

当協会は、この事前確認サービスに対応する団体です。

 

当協会は、機能性表示食品制度の普及啓蒙のためにできた非営利組織であり、

届出受理実績のある、経験豊富なスペシャリスト、行政書士が所属しており、

「届出書類の事前確認」により、初歩的な書類上のミスを大幅に軽減できます。

 

【料金(全て税別)】

*初回相談:1時間1万円

 面談、電話、ビデオ会議などで、機能性表示食品にしたい製品の概要をお伺いいたします。

 事前の問診をすることとで、効率の良い機能性表示食品化が可能となります。

 

①届出書類の事前確認:50万円

 受理実績のある専門家による全書類の確認、添削、指導

 

②行政書士による電子申請:50万円

 クセのある電子申請を経験のある行政書士が代行いたします。

 

③①+②のセットの場合:80万円

 書類事前確認から電子申請まで対応

 

④機能性表示食品の対応可否調査:60万円(3ヶ月)

 経験豊富な専門家による機能性表示食品化のアドバイスが受けられます。

 

⑤SR(システマチック・レビュー)の作成

 内容によって金額が変わるため、お見積り申し上げます。

 

⑥届出代行

 内容によって金額が変わるため、お見積り申し上げます。

 

New⑦変更届出支援:1製品25万円~

 すでに、受理済み製品の変更届出を代行します。

 内容によって金額が変わるため、お見積り申し上げます。

 

お問合せ: info@kinoken.org