新着論文通知システムのご案内(β版)

機能性表示食品検定協会は今後、新着論文通知サービスや人工知能を活用したシステマティックレビューの半自動作成ツール等、健康食品産業に関わる方々の業務をサポートするシステムを提供してまいります。

 

①サプリメントの販売促進に、エビデンスの提示が非常に有効であることは周知の事実です。自社で取り扱っている成分についての効果効能が発表された場合、いち早くその論文を紹介することで、消費者に対して自社製品の魅力を訴求していくことが可能となります。一方で、同じキーワードで論文を日々検索するのは事務的な作業になりますし、検索キーワードパターンが増えれば増えるほど、その作業は軽視できない時間を要するものとなります。このような声を受けて、機能性表示食品検定協会では3/1より、オンライン論文データベースであるPubMedを用いた論文自動検索&通知システムのβ版無償提供を開始することに致しました。

 

サービス登録に際して、こちらで用意したウェブページから

 

・会社名

・担当者名

・メールアドレス

・検索キーワード(5つまで。and検索、or検索等も可能)

 

をご登録頂くことで、毎日システムで指定キーワードについて検索を行った上で、前日から新たに論文が追加されていた場合、ヒットした論文のタイトル、URL、アブストラクトを登録されているメールアドレスに通知するシステムとなります。例えば、検索語句を「glucosamine arthritis」と設定頂くことで、グルコサミンと関節炎の関係性に関する新着論文がPubMedに掲載されていた際のみ、メールを送信します。普段定期的に調べている検索語句をご入力ください。こちらのサービスは、当面の間は利用料無料でご利用頂けます。

 

 

 

②弊社では翻訳業務も承っております。企業がウェブサイト等で論文を紹介する際、消費者に対して正しい情報提供が求められます。しかしながら、英語の論文を読み違えたことにより、サイト上に誤った情報を掲載している企業も散見されます。こういったミスから発生するトラブルを未然に防ぐため、医学関連書籍の翻訳経験を持つ弊社社員が翻訳作業を承ります。料金は論文の専門性を考慮した上で設定し、事前にお知らせします(目安としては20円〜60円程度/1wordとなります)。お気軽にinfo@kinoken.orgまでお問い合わせください。

 

なお翻訳は、PubMedに掲載されている論文のAbstract単位で行います。Abstractの一部の翻訳といった要望は受け付けておりませんので、ご了承ください。サイトに情報を掲載するために論文の内容をまとめて欲しいといったご要望につきましては、別途ご相談ください。

 

今後とも、機能性表示食品検定協会をよろしくお願い申し上げます。